本文へ移動

ガラス撥水加工 施工工程

施工前の下処理が一番重要!!

まずガラスに付いた油膜を専用の機械を使い100%除去します。
そのまっさらなスッピンの状態のガラスに撥水加工をするのでガラスと撥水成分が強固に化学結合するのです。
1. 研磨
ガラス研磨剤をつけガラス面の油膜を完全に除去します。
2. すすぎ・乾燥
水とマイクロファイバークロスを用い研磨剤を落とし、拭き上げます。
3. 定着安定剤塗布
専用のクロスで撥水剤の定着安定剤をガラス面に塗布します。
4. 撥水剤塗布
安定剤を十分に乾燥させたあと、撥水剤をガラス面に塗布します。
5. 乾燥
赤外線を用いて均一に乾燥させていきます。
6. 仕上げ
専用のクロスで余剰成分を完全に拭き上げ終了です。
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
鳥取オートガラス
〒680-0911
鳥取県鳥取市千代水1丁目84−2
TEL.0857-27-4421
FAX.0857-27-3055
■自動車ガラス販売施工
■自動車ガラス飛び石修理 
■カーフィルム販売施工 
■アクリル加工・販売 
■自動車ガラスキズ取り 
■撥水加工、油膜取り 
■自動車ガラス水漏れ修理 
■各種特殊ガラス販売・施工 ボディーコーティング 
■ルームクリーニング 
■建物用フィルム販売・施工 
■各種ステッカー販売・施工 
■自動車用品販売
TOPへ戻る