トップページ
>
自動車ガラス
>
ガラス飛び石修理
>
飛び石修理注意事項

飛び石修理注意事項

  修理を御依頼される前に・・・
 

    ・ まれに、お預かりした後、作業前に温度差等で、

      ヒビが広がりリペア出来なくなる場合がございます。

    ・ その他、持ち込まれる前に割れていなくても、自然に大きく割れてくる場合もございます。

      その場合は申し訳有りませんが、ガラス交換となりますのでご了承願います。

    ・ ヒビの中に水分が入っていると、リペアできません

      晴れの日に1日以上乾かして、完全に中の水分が乾き、

      セロテープ等でヒビを塞いでからお車をお持ち込みください。

    ・ ヒビの中に

      撥水剤 ・ ワックス剤 ・ ホコリ ・ 汚れが入ってしまっている場合は、リペア出来ません

      ガラス交換となりますのでご了承下さい。

    ・ 夏場など気温が高く、

      ガラス表面が高温になる場所や時間帯にはリペア作業ができませんので、

      ご了承下さい。

 
  修理された後に・・・
 

    ・ リペアはガラスが100%元に戻るのではありません。強度は元の70~80% 程度です。

    ・ ワイパー動作によって、打点をふさいだ樹脂部分が取れる場合がございますが、

      リペアの強度には大きな影響はありません。

    ・ リペア修復した箇所が、再度割れてきたら、技術上もう一度補修することはできません

      ガラス交換をお奨めします

    ・ 修理後は、修理した箇所を絶対に押したりしないでください

      伸長する可能性があります )。

      その場合、責任は負いかねますのでご了承下さい